そば吉のこだわり

そばのこだわり だしのこだわり 天ぷらのこだわり 丼ぶりのこだわり インフォメーション

そばのこだわり

三たてそばへのこだわりSantate Soba

新鮮で活きのよいそば吉のそば。
その秘密は、“挽きたて・打ちたて・茹でたて”の三たてにあります。
自社製粉工場で、定期的に必要な分だけを製粉する“挽きたて”。
そば打ちに、鮮度の保たれたそば粉を使用することができます。
各店舗で、毎日数回に分けてそば打ちを行う“打ちたて”。
打ちたてそばをお召し上がりいただけます。
ご注文ごとに、そばのゆがきから調理する“茹でたて”。
お客さま一人ひとりに、心をこめてお作りしています。
こだわりの、風味豊かな“そば吉”のそば。ぜひ、ご堪能ください。

もちろん、きしめんも各店で自家製麺。毎日手作りでお届けします。

三たてそばの製造工程Santate Soba Manufacturing Process

Factory Manufacturing Process工場製造工程

そば工場

低温倉庫に保存

そばの実

Store Manufacturing Process店舗製造工程

石臼挽き

製粉完成

蕎麦打ち

だしのこだわり

一番出汁へのこだわりIchiban Dashi

そば吉メニューのおいしさを際立たせるのは、
なんといっても天然風味そのままの一番出汁。

大釜の水が沸き立つ直前に昆布を引き上げ、各店舗で削った鰹節を撒いて香りを散らす。
旨味を鋭く追求したシンプルな製法ですが、じっくりと時間をかけて煮詰め、濃厚な味わいに仕上げています。こうすることで、食材本来の味を限界まで引き出す、極上の出汁が出来上がります。
さらに、秘伝の熟成たまり醤油とのコラボレーションで、ざるつゆに。

自慢のかけつゆ

そば吉自慢の一番出汁に“独自の製法”で砂糖と醤油を加えて一煮立ち。風味豊かなそば吉かけつゆが生まれます。

自慢のざるつゆ

秘伝の熟成たまり醤油と一番出汁で作られたざるつゆは、そば吉でしか味わえない自慢の出汁です。濃厚なたまり醤油と一番出汁の相性は絶妙な味を生み出しています。

自慢の天つゆ、丼ぶりだし

揚げたての天ぷらに合わせて生み出され温かい天つゆ、丼ぶりだしは、かけてもよし、つけてもよしです。
また、各店で毎日、こまめに炊く特製「かやくごはん」(炊きこみごはん)は、そば吉特製の一番出汁を贅沢に使うからこそ味わえるそば吉の味です。

天ぷらのこだわり

揚げたてへのこだわりFreshly Fried

そばの味わい引き立つ華やかな一品、そば屋の天ぷら。
具材となる海老や野菜は、天ぷらとして一膳のそばに添えられるまでに、毎日丁寧に仕込みされています。

こまめに作られる天ぷらのころもは、さくさくの食感を味わえます。
単品としても、一番出汁仕立ての温かい天つゆと合わせても、美味しくお召し上がりいただけます。

丼ぶりのこだわり

蕎麦屋の丼へのこだわりDonburi

丼ものも、そば屋ならではのこだわりを持ってご提供しています。
ポイントは、惜しみなく使われるそば吉特製一番出汁。
その出汁が旨さを引き出し、そば吉のさまざまな丼メニューを創り出します。

インフォメーション

そばの栄養

ある権威ある先生が、「おそばぐらい、いい食品はない。栄養学的にみても完全食だし、何といっても無添加で自然食だ」と言っておられました。
鳩を白米だけで飼育すると脚気になります。これにそば粉を与えると、ただちに回復するという実験結果があるそうです。これはもちろん、そばの中の“ビタミンB類”の効果です。そのほかに、飲酒家の内臓を守ってくれる“コリン”、神経の緊張をやわらげ、胃潰瘍や疲労回復に役立つ“パントテン酸”も少量ながら入っています。 また、高血圧や動脈硬化に効力のある“ルチン”を、そばが大量に多く含んでいることは特筆に値します。

そば湯について

そばに含まれる栄養分(ビタミンB、ルチン、タンパク質等)は、水溶性のため、ゆでることによってほとんどが湯の中に溶け出してしまいます。もちろん、そばにも栄養分は十分残っていますが、栄養分を余すことなく吸収し、そばの風味を味わって頂くために、そば湯をおすすめいたします。

<そば湯の飲み方>
湯呑みにいれてそのまま召し上がるもよし、ざるつゆを薄めて召し上がるのもよしです。

きしめんについて

そば吉は、きしめん作りにもこだわります。各店舗で良質の小麦を塩水を使って練りあげ、熟成させ、独自の製法で製麺しております。

お食事についてお願いImportant Points

Soba Allergyそばアレルギーについて

当社の方針といたしまして、そばを取り扱っている企業の責任として、「お客様の生命になにかあってはいけない」との考えから、そばアレルギーのお客様への商品提供を一律にお断りしております。また、そば以外の商品につきましても、

  • 1.きしめん、うどんとそばを同じ釜で茹でていること
  • 2.そばを取り扱っているため食器類や食品等にそば粉が付着している可能性があること

以上の理由により全ての商品の提供をお断りしております。

Food Allergy食物アレルギーについて

食物アレルギーがご心配なお客様は下記の特定原材料の使用内容についておたずねください。
アレルゲン7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)
※店舗にて製造時、調理の盛付けの際には細心の注意を払っておりますが、アレルギー物質を含む原材料によっての器具の使い分け等を行っていないため、他のアレルギー物質が微量混入するおそれがあります。
アレルギー物質に対する反応には個人差があり、微量混入でも発症するおそれがあります。判断は、専門医にご相談のうえ、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いします。