そば吉

お知らせ・新着情報

節分そばについて

節分そば由来

節分とは、季節の変わり目のことで、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日である。したがって、本来は一年に4回の節分があるわけだが、とくに立春の前日を称して節分と呼ばれるようになっている。
この日の夕方、ヒイラギの小枝にイワシの頭を刺して戸口に立て、炒り豆(鬼打豆)をまいて悪疫退散、招福を願う風習があることは、ご存知のとおりである。
もともとは7世紀末に中国から伝わった宮中の年末の行事だったのが、江戸時代頃から民間に広まり、立春の前日に行う清め事となった。

立春の前日の節分は大寒の最終日、つまり冬から春への節目の日である。
そのため江戸時代には、大晦日ではなく節分を本当の年越し(立春が年の改まる日)という考え方があった。
節分に食べるそばを年越しそばと呼ぶようになったのは、そのためだと言われています。

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
今年もお客様に喜んで頂ける味とサービスに努力してまいりますので、何卒、そば吉各店をご愛顧の程、宜しくお願いします。
いつも本当にありがとうございます。

5 / 512345

最近の投稿

カレンダー

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
TOPへ戻る